本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
シングルビットレート

シングルビットレート

読み:しんぐるびっとれーと  英語名:single bit rate

シングルビットレートとは、動画配信を1種類のビットレートで行っていることを指します。動画をインターネット上に配信する際には、そのままでは情報量が多すぎるので、エンコード(圧縮)する必要があります。その際にシングルビットレートでは、単一のビットレートに設定して配信します。
ビットレートとはデータ量を表わす単位で、どの程度圧縮するかの目安になります。ビットレートが高いほどデータ量が多いので、画質や音質は良くなりますが、ネット帯域を多く使いますし、PCにも負荷をかけることになります。ですから、圧縮の際にビットレートを高く設定しすぎると、そのビットレート以下の通信環境ではストリーミング再生ができないことになります。 マルチビットレート配信ではこうした問題に対応できますが、シングルとマルチの両者の特徴は対照的です。マルチビットレートは、1つの映像ファイルに複数のビットレートを設定することで、視聴者側の接続環境に合わせて最適な配信ができるようになっていますが、ファイル容量は大きくなります。シングルビットレートは、ファイル容量は最小限で済みますが、単一のビットレートでの配信であり、再生時もそのビットレートのみに固定されます。

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

  • 初めての動画配信でも安心
    企画から導入まで検討すべき項目がよく分かるチェックシートはこちら

    初めての動画配信システム導入の際に確認すべき7つのポイント

ストリーミングサーバー・動画配信システム プラン比較

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ