本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
固定ビットレート(CBR)

固定ビットレート(CBR)

読み:こていびっとれーと  英語名:constant bitrate

固定ビットレートとは、単位時間当たりの情報容量(データ)が同一の圧縮(エンコード)方式を指します。
音声(音楽)ファイルでは、MP3やWMAが一般的です。一方、可変ビットレートは単位時間当たりの情報容量(データ)にグラデーション(ばらつき)がある圧縮(エンコード)方式です。固定ビットレートの良い点は、時間から容量が量れることです。例えばCDならWAVE形式で80分=700MB、WMAやMP3形式の128kbpsで約10分の1の80分=70MBです。デジタル放送(主に地デジ)は、ハイビジョンレコーダーで圧縮すると、通常固定ビットレートになります。
3.5倍モード(DRの1/7)にすると、多少MPEG4の特性で情報量が上下しますが、20分アニメ×60本強ぐらいがブルーレイディスク1枚(25GB)に収まる計算です。一定の容量を持つ記録メディアから収録するファイル数や時間をあらかじめ計算できるところが、固定ビットレートのメリットです。

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

  • 初めての動画配信でも安心
    企画から導入まで検討すべき項目がよく分かるチェックシートはこちら

    初めての動画配信システム導入の際に確認すべき7つのポイント

ストリーミングサーバー・動画配信システム プラン比較

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ