本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
マルチビットレート

マルチビットレート

読み:まるちびっとれーと  英語名:multiple bit rate

マルチビットレートとは、ビットレートを高くする事を指します。高品質のコンテンツになる反面、ナローバンドユーザーはデータ転送量が低く、視聴が困難になります。しかしビットレートを下げて対応した場合、ブロードバンドユーザーには低品質のコンテンツを提供する事になるため、帯域に合わせて2種類の動画を用意する場合が多く、その際にはWindowsフォーマットとRealフォーマットを用意する場合もあります。
メタファイルの数をなるべく増やさず、より多くのユーザーに視聴してもらうには、マルチビットレートの使用が有効です。エンコード時、単一コンテンツに対して複数のビットレートを指定する事で、ストリーミングサーバー側がユーザーの帯域状態を探し出し、最適な帯域で提供をします。これをインテリジェントストリーム、シュアストリームと言います。しかし、ビットレートは調整されてもビデオサイズは調整されないため、ビデオサイズを変更して配信する場合も多いです。

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • コスト削減、営業力アップ、業務効率化、企業PR…
    動画配信を活用した豊富な導入事例と利用シーンを記事で紹介

    動画配信を活用した課題解決ストーリー

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ