本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
TTLトークン

TTLトークン

読み:たいむとぅらいぶとーくん  英語名:Time to live token

TTLトークンとは、ネットワーク上で配信される音声や動画の再生についてファイル単位で挿入されるシステムであり、滑らかな音声や画像の再生のために必要最低限の反復や送信回数、頻度といった制限の設定を最適化するシステムのことを指します。Time to liveと呼ばれており、TTLトークンと略されています。プレーヤーの技術の向上や、セキュリティシステムの強化といったシステム全般を意味していることもあります。セキュリティの面から説明すると、制限されたシステムの中でのみ再生が可能となり、システム外への流出ができないようにしています。特にTTLトークンはコンテンツの視聴閲覧に関して期限を設定することで、期間内のみ制限することでセキュリティを効率的に強化することが可能となっています。ネットワーク上であれば認証ができたときに自動的に割り付けされますが、別のネットワークやプレーヤーを利用するときには別途認証作業が必要となる場合もあります。

関連語:―

対義語:―

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

  • 初めての動画配信でも安心
    企画から導入まで検討すべき項目がよく分かるチェックシートはこちら

    初めての動画配信システム導入の際に確認すべき7つのポイント

ストリーミングサーバー・動画配信システム プラン比較

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ