本文へジャンプ

お役立ちコンテンツ動画配信キーワード集
RTSP

RTSP

読み:りあるたいむすとりーみんぐぷろとこる   英語名:Real Time Streaming Protocol

RTSPとは、Real Time Streaming Protocolの略で、オーディオ・データやビデオ・データなどのマルチメディア・データを含むサーバを、遠隔操作するためのプロトコルを指します。このプロトコルを使用すれば、オーディオ・データの再生・停止・録音、ビデオ・データの再生・停止・記録などの遠隔操作を行うことができるようになります。 通常、SIP (Session Initiation Protocol)においては、サーバ側とクライアント側を明確に区別することはありませんが、このRTSPにおいては、両者を明確に区別しており、基本的にデータの流れはサーバ側からクライアント側への一方向となっています。また、通常のクライアント・サーバ・モデルでは、クライアント側がサーバ側に要求を送付することになっていますが、このRTSPにおいては、サーバ側がクライアント側に要求を送付する場合もあります。

関連語:―

対義語:―

キーワード一覧に戻る

そのほか動画配信がよく分かる豊富なコンテンツを用意しています

  • コスト削減、営業力アップ、業務効率化、企業PR…
    動画配信を活用した豊富な導入事例と利用シーンを記事で紹介

    動画配信を活用した課題解決ストーリー

  • 動画配信システムを初めて導入する方におススメ
    アンケート調査やホワイトペーパー、動画配信コラムなど豊富な資料はこちら

    動画配信の活用方法がよく分かるお役立ちコンテンツ

ストリーミングサーバー・動画配信システムに関するお問合せは弊社の専門スタッフがご対応します

お電話でのお問合せ

0120-28-8140

受付:平日10時から12時・13時から18時

フォームからのお問合せ

お問合せ・資料請求

ページの先頭へ